地主様からよく相談される悩みや不満:①何から取り掛かれば良いかわからない

地主様からよく相談される悩みや不満:①何から取り掛かれば良いかわからない

目次

相談者

/ 50代 /男性 / 会社員 / 妻と子ども2人の4人暮らし /一軒家/
サラリーマンとしてのリタイヤが近づき、最近老後のことについて考え始めた

現在所有している土地をどうにかしたい。全国に複数所有しているけど放置しているので、誰に相談すれば良いのか、何から取り掛かれば良いのかわからない。

50代を過ぎ、子供たちも巣立っていく中で現在所有している土地や不動産について考え出した相談者様。土地を所有しているけど何をすれば良いのか?どこに相談をすれば良いのかわからず、不安に思ってしまっています。こういった不安や悩みはどう解決すれば良いのでしょうか?近畿住宅流通からの回答を見てみましょう。

近畿住宅流通からの回答

まずは、所有されている土地の情報を整理されてはいかがでしょうか。

所有された経緯や契約書などの書類があるか、隣地の方との境界は確認できているか、測量図面はあるか、水道・ガス・電気などのインフラが整っているかなど、わかる範囲で整理してみてください。

これらを知ることで、どこにどんな土地があるからこのような活用方法ができるかもしれないと少し不安が消えると思います。

これらは土地活用をする際に必要となる情報なので、私たちも必ず伺う内容です。事前に調べておいた方がこれから土地を活用していくのもスムーズに進むと思います。

わかる範囲でお調べいただけましたら、あとは私どもプロにお任せください。最適な活用方法について一緒にプランを考えましょう。

このように漠然とした不安や悩みを抱えてしまっている地主様は少なくありません。また、この不安をどこに吐き出せば良いのかがわからない人も多いでしょう。相談もしたいけど、まずは今抱えている不安や悩みを吐き出したい。という方は、ぜひこちらに書き込んでみてください。